2018年ラマダン初日の現地からのレポート

ラマダン初日が今学年度最終日だったこともあり、同居の方々は揃って帰省され、一人でラマダンを迎えているアキラさんから、ラマダン初日の様子が送られてきました。

アメリカ大使館の移転に伴い、現地の情勢が騒がれておりますが、14/5は過ぎ去り、今はみなラマダン一色のようです。

一人イフタール(サウムせず)です

タマルヒンディ、ダジャージュバンドゥーラ(スパイス味付きの鶏肉とトマト炒め)、キュウリ、ホンムス、フブズ

急に隣人からの差し入れマハーシー(ナス、ワラカトイナブ>ダワーリーالدوالي> )

イフタール2時間前のラマダン初日のバラド(旧市街)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です