留学生の小旅行「ワディ・ケルト」

2018年3月7日現在、ただ一人の日本人留学生アキラさんからパレスチナ国内での小旅行のレポートが届きました。その概要を紹介させていただきます。

ワディ・ケルト探索

エルサレムから東に約20km、アリーハ(ジェリコまたはエリコ)أريحا にある渓谷、ワディ・ケルトوادي القلطをSOAS学生たちと一緒に1日探索しました。

ワディ・ケルトは、高く切り立った岩山に自然にできた亀裂で、エルサレムからジェリコまで約45kmの長さに及ぶ渓谷です。冬のハイキングにはとても良い場所です。

ガイドとともに、دير القلط(聖ゲオルギオス修道院)からスタートし、途中緑地で昼食をとり、ワディに沿って歩きました。アイン・アルフッワールعين الفوارの泉と滝で水遊びしてから、最後の急坂を登り停車場まで5時間ほど歩きました。思いのほか絶景で、良い気分転換でした。

 

事務局ひと言メモー聖ゲオルギオス修道院ー5世紀後半に建てられたと言われるが、現在のものは1878年~1901年にギリシア正教会により再建された修道院。岩をくりぬいて造られたもので、渓谷の岩肌にへばりつくように建っています。アリーハの見所の一つ。

Dr. Avishai Teicher Pikiwiki Israel

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です