イード・ル・アドハー・ムバーラク

こんにちは!
今日で5日間のイード休暇も終了し、いつものように学校が始まりました。
さて、「イード・ル・アドハー」と書きましたが、日本語で言えば「犠牲祭」のことです。ちなみに、「イード・ル・アドハー・ムバーラク」は「犠牲祭おめでとうございます」といったところでしょうか。

イード・ル・アドハーの宗教的起源に関してですが、クルアーンに描かれているアブラハム(イブラーヒーム)が彼自身の息子を神の命令に基づいて犠牲にしようとした故事を記念する祝祭です。
ちなみにアブラハム(イブラーヒーム)のこの故事は、旧約聖書の『創世記』にも描かれており、神の命令を信じてアブラハム(イブラーヒーム)が一人息子イサク(イスハーク)を犠牲にしようとする記述が描かれています。ただ、旧約聖書とクルアーンの記述にはいくつか差異があるようで、3つの天啓宗教、さらには各々の宗教内の宗派ごとにも細かな部分では色々な議論があるようです。
Wikipediaで恐縮ですが、さらに詳しく知りたい方は下記リンクを参照下さい。
ちなみに、イスラームではイードは2回あり、一つはこのイード・ル・アドハー、もう一つはラマダーン明けのイード・ル・フィトルです。イード・ル・アドハーの方が大きいので、大イード(イード・ル・カビール)などとも呼ばれます。

◎イード・アル=アドハー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%AB%EF%BC%9D%E3%82%A2%E3%83%89%E3%83%8F%E3%83%BC
◎イサクの燔祭
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%82%AF%E3%81%AE%E7%87%94%E7%A5%AD

さてイード・ル・アドハーにまつわるこちらの慣習といえば、親戚のところを尋ねたり、特別な礼拝を行ったりなど様々なことがあるのですが、その中でも特徴的なのが羊を屠ることです。これも先ほどのアブラハム(イブラーヒーム)の故事に基づいた慣行です。
イード中の朝の礼拝後に羊を屠るのが決まりで、昔は各家庭に羊を連れてきて、男系家族がほぼ総出で行っていたようですが、最近では資金的な問題や衛生面、手間などの観点から、街の肉屋さんに自分で購入した羊を屠ってもらい、そこで必要な分の肉を家に持ち帰るという形式が広まってきているようです。
滅多にない機会なので、自分もルームメイトとイード初日に早起きし、朝の礼拝を見学させてもらった後、羊を屠っている肉屋さんを見学させてもらいました。以下の写真は肝心な部分はあまり写していませんが、血を見るのが苦手な方は避けられた方が良いかもしれません。

DSC03804
羊ごとに番号がついており、これで誰が購入した羊かが分かるようになっています。
DSC03802
肉屋の手捌きは非常に鮮やかでした。屠る前に「ビスミッラー・アッラーフアクバル(神の名において、神は偉大なり)」と唱えてから、屠っていきます。
DSC03803
購入者の前で屠るのが決まりらしく、続々と羊を購入した人たちが家族を連れてやってきていました。

このようにして、犠牲祭中は羊を屠るので家では当然肉を使った料理が出てきます。イード中ヘブロン郊外の友人とベツレヘムに住んでいる友人を訪問し、ご馳走してもらった料理を紹介します。

ヘブロン近郊のダーハリーヤという町の友人の家でのマンサフ。この町は、西岸のほぼ南端に位置し、ネゲブ砂漠にも近く、週末にはベドウィンが車できて買い物をしに来るそうです。ダーハリーヤ自体もベドウィンが定住してできた町なのか、家庭でもマンサフが出てきました。
ヘブロン近郊のダーハリーヤという町の友人の家でのマンサフ。この町は、西岸のほぼ南端に位置し、ネゲブ砂漠にも近く、週末にはベドウィンが車できて買い物をしに来るそうです。ダーハリーヤ自体もベドウィンが定住してできた町なのか、家庭でもマンサフが出てきました。
ベツレヘムでこれまたご馳走になったマハシーとダワーリー(別名ワラカ)。マハシーはナスやズッキーニにご飯を詰めて煮込んだもので、ダワーリーは同じくご飯を葡萄の葉で包んだものです。どちらも多少味付けなどは異なりますが、中東で広く見られる料理です。
ベツレヘムでこれまたご馳走になったマハシーとダワーリー(別名ワラカ)。マハシーはナスやズッキーニにご飯を詰めて煮込んだもので、ダワーリーは同じくご飯を葡萄の葉で包んだものです。どちらも多少味付けなどは異なりますが、中東で広く見られる料理です。

 

結局、羊と羊肉を使った料理の説明に終始してしまいましたが、充実したイード休暇を過ごすことが出来ました。

「イード・ル・アドハー・ムバーラク」への1件のフィードバック

  1. 羊を屠っている肉屋さんの見学とは!(あまり羨ましくないかも・・・)
    写真には女性は写っていませんが、子供さんは普通に見学されてるのですか?何かすごいですね。
    購入者の前で屠るのが決まりとは知りませんでした。
    マンサフ、おいしそう。。。
    良いイード休暇だったようで、何よりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です