数年ぶりの規模の砂嵐…。

こんにちは、留学生のマサトです。
昨日からシリアやレバノン、ヨルダン、パレスチナなどの地域で、数年に一度規模の砂嵐が猛威を奮っています。
特に風が強かったり、目が開けられないといったことはないのですが、逆に言うとそれだけ粒子が細かく、空気全体が重く埃っぽい嫌な天気です。。
下の写真は昨日の大学構内の様子。普段は向こう側の山まで見えますし、もっと美しいのですがこの有様です。参考までに大学のFBページから通常時の写真を添付しておきます。

IMG_3993
<昨日の構内>
IMG_3994
<昨日の構内②>
11800611_887790887957843_2269523065627914137_n
<普段の様子> 出典:https://www.facebook.com/annajah.edu?fref=ts

また天気が回復したころに、構内の様子を紹介できたらと思います!

さて今日は少し大学の授業の様子についても紹介していきたいと思います。

まず基本的なスケジュールですが、日曜から木曜まで(アラブ世界では金土が週末のところが多いです)の週5日授業があり、朝9時から30分の休憩を挟んで、90分の授業が2コマあります(つまり12時半には授業は終わります)。
スケジュールだけ聞くと、結構ゆったりしているようにも聞こえますが、毎日宿題を出され、量もそこそこ多いのでスケジュールの見かけよりは結構忙しい日々を送っています。

次に授業の内容に関してですが、日本人3人の学生は5種類のコースを現在履修しています。「読解」「会話」「時事」「文法」「アーミーヤ(方言、話し言葉)」で、最初の4つはフスハー(正則アラビア語、書き言葉)を勉強し、先生もフスハーを使って授業をします。「アーミーヤ」だけはアーミーヤ(パレスチナ方言)について勉強し、先生もアーミーヤを使って授業をしてくれます。ちなみにナジャーハ大学のArabic for Non-Native Speakersでは、全ての授業はアラビア語のみで行われます。分からない単語があったら、アラビア語で言い換えて説明してくれます(笑)。

IMG_3989
アーミーヤの授業の様子です。アーミーヤでの動詞の活用の仕方を教えてくれています。
DSC03640
授業で使っている教科書の一覧です。大学が独自で作成している教材がほとんどです。

 

明日もまた授業です。頑張ってきます!

「数年ぶりの規模の砂嵐…。」への1件のフィードバック

  1. 中東Linkスタッフです。
    砂嵐のことは日本でも一部報道されていてとても気になっていました。ホットなニュースをありがとうございます。
    東京は昨日台風が抜けたばかりなのに、台風一過の好天もなくまた雨模様です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です