留学生のお国料理食事会

プログラム参加者のアキラさんから大学で開催された、校内学食で各国留学生が作成したお国料理を囲み、お食事&懇親会の様子を報告していただきました。こちらは概ね年1回ほど開かれているようです。

今回の料理参加国は、日本・インド・イエメン・ノルウェー・アメリカ・イギリス・オランダ・イタリア、そしてパレスチナでした。

皆さん力作が並び、どれもとても美味しそうです。

   

日本からのアキラさんは、おにぎり(海苔巻きと味噌焼き、中に昆布鰹節)と胡瓜と人参の浅漬け、味噌汁(インスタント)、緑茶といったヘルシーな献立を用意された模様です。

 

皆さんの濃い献立のお蔭か緑茶が大変人気だったそうです。

留学生近況「現地学生との共同生活②男の料理と授業内容の変更」

現地の学生3人との共同生活中のアキラさんから近況報告をいただきました。
今日の料理の様子です。

レンズ豆

今日はمجدرةで(レンズ豆の料理)、イマード担当でした。アダス(レンズ豆)と玉ねぎを炒め、浸した米を一緒に茹でたもので、付け合わせにムハッラル(ピクルス)と今日はトマトとピーマンのカットにオリーブで、極めてヘルシーでした。

 

一方、授業の様子はこんな報告を受けています。

「卒業プロジェクトも準備が始まり、多少プログラムの変更がありました。

スィヤーサ(政治)2時間、ティジャーラ(貿易)2時間を変更し、イスティマーア(リスニングが週2回4時間になりました。そして火曜日の12:30-14時にSOASのキターバ(作文)に加わることになりました。

また元々木曜日にあったキターバ2時間は、ティジャーラ1時間、卒業プロジェクト1時間に変更となり、結果今までより1.5時間増しの週16.5時間になりました。」

リスニングや作文が増え、留学プログラムがより実践的になった感じでしょうか。

 

留学生の小旅行「ワディ・ケルト」

2018年3月7日現在、ただ一人の日本人留学生アキラさんからパレスチナ国内での小旅行のレポートが届きました。その概要を紹介させていただきます。

ワディ・ケルト探索

エルサレムから東に約20km、アリーハ(ジェリコまたはエリコ)أريحا にある渓谷、ワディ・ケルトوادي القلطをSOAS学生たちと一緒に1日探索しました。

ワディ・ケルトは、高く切り立った岩山に自然にできた亀裂で、エルサレムからジェリコまで約45kmの長さに及ぶ渓谷です。冬のハイキングにはとても良い場所です。

ガイドとともに、دير القلط(聖ゲオルギオス修道院)からスタートし、途中緑地で昼食をとり、ワディに沿って歩きました。アイン・アルフッワールعين الفوارの泉と滝で水遊びしてから、最後の急坂を登り停車場まで5時間ほど歩きました。思いのほか絶景で、良い気分転換でした。

 

事務局ひと言メモー聖ゲオルギオス修道院ー5世紀後半に建てられたと言われるが、現在のものは1878年~1901年にギリシア正教会により再建された修道院。岩をくりぬいて造られたもので、渓谷の岩肌にへばりつくように建っています。アリーハの見所の一つ。

Dr. Avishai Teicher Pikiwiki Israel