留学生の学習プログラム例

ナブルスに戻ったアキラさん(既に上級のレベルを終了し、許可を得て一部大学の学部の講義への出席も認められています。)から、留学プログラムについて現地の先生方と打ち合わせを行ったと報告をいただきました。
複数の先生が授業に携わっていて、その中には現在サウジアラビアに小巡礼(ウムラ)に赴いている先生がおり学習プログラムを完全に確定はできなかったということですが、おおよその内容は確定できたそうです。
アキラさんの向こう3カ月の学習プログラムは概ね以下の通りだそうです。

毎日9時始まりで全部で週15時間、アンミーヤ(パレスチナ方言)1.5時間×2日、アダブ(文学)2時間×2日、スィヤーサ・ワ・ティジャーラ (政治と貿易) 2時間×2日、ムハーダサ(会話)とキターバ(ライティング) 4時間。

授業の一部はSOAS(ロンドン大学東洋アフリカ研究学院)からの留学生と合同で受講するものもあるそうです。
留学期間の長いアキラさんの場合は初級や中級コースと違い先生方も授業内容や課題に様々なアレンジを加えているようです。

会話の授業風景


使用教材例:
上左から文学、政治、パレスチナ方言
下左からライティング、貿易、会話

留学生近況「現地学生との共同生活」

一時帰国していたアキラさんが再度ナブルスに戻り留学生活を再開しました。
以前は他の日本人留学生とアパートをシェアして生活していましたが、今回は現地の学生3人との共同生活になったとのことです。早速4人の共同生活の様子を撮影した写真を送ってくださいました。
弊社Facebookでも記事を紹介しました。


留学生の現地での活動

昨今はパレスチナと言えばエルサレム問題が取りざたされていますが、留学中の学生たちは世の風評には影響されず淡々と現地生活を送っているようです。

現地の石鹸工場を見学に行った留学生のハナコさんが、日本で石鹸の輸入販売する会社と思わぬつながりが出来て、その紹介ブログの記載を(不定期)を始めました。

興味のある方は是非アクセスしてみてください。

日本の輸入会社はコスメハウス合同会社さんです。