プログラム参加者「二人の夕食」

現在ナジャーハ大学には6月から来年3月迄留学予定の大学生ヤスヒロ君と、夏の1か月だけの短期コースを受講のアキラさんの2名が勉強しています。アキラさんは大学時代アラビア語を専攻され、その後エジプトで4年間生活された事もありましたが、しばらくアラビア語から離れていらっしゃいました。現在アラビア語を再勉強中です。ナジャーハ大学では上級クラスに入りました。授業はかなり厳しく課題も多くなかなかの「苦行」のようだとか!
お二人は現在同じアパートをシェアしています。週末の金曜日、二人で早めの夕食をナブルスも有名な食事処“ハミース”でとったそうです。ケバーブが絶品でしたとの事!
1468637043593

ナブルスの夜景

プログラム参加者が自宅から撮影したナブルスの夜景の写真を送っていただきました。

「7/11の夜なんですが、今日の夜はなぜか町中に花火(画面左の少し上辺りの点)が上がっていたので夜景の写真を撮っていました。それでナブルスの夜のいい写真が撮れたので送ろうと思って連絡しました。後でなんで花火上がっていたのか調べようと思いますが何か知っていますか?」
ナブルス 夜景
当社スタッフの予想では「結婚式の余興」もしくは「学生の卒業祝い的な小イベント」ではないかととのことです。

5人目の参加者が到着しました

アラビア語留学プログラム5人目の参加者が現地ナブルスに到着しました。すでに長くアラビア語の学習歴のある社会人の方です。
今回は自身の語学力ブラッシュアップのための短期コースで、8月のサマーコース1ヶ月のみの受講となります。
写真はプログラム参加者と弊社現地スタッフとそのお子さん

Student5

当ブログのコメント投稿から、プログラム参加者への応援メーセージなどご気軽に投稿下さい。

これほど違うラマダン月中とラマダン月後

イード・ムバーラク!
ラマダン月が明けました。

サマーコース参加者が現地ナブルスのラマダン中・ラマダン明けの比較画像を送っていただきました。
Arabic CouncilのFacebookにて御覧ください。
無人のシャッター通りのような昼間の商店街が一変、人でごった返す様が面白いです。