カテゴリー別アーカイブ: 留学生投稿

アキラさんナブルスへ戻る

3月19日から一年の予定で留学を開始したアキラさんから第一報が届きました。アキラさんは昨年夏にも1か月の短期留学をされており、今回が二度目の留学となります。
「今日(3月24日)からサマータイムで日本との時差が6時間です。先週19日から本格的に授業が始まり、SOASの学生達に混じって授業を受けています。さすがに、9月からやってきている彼らは発言力、発表力が高く、また先生もスピーディに行いとても刺激を受ける毎日です。まずは自分の勉強ペースをつくることから始めようと思います。」
アパートは、3月下旬で帰国したヤスヒロ君と入れ替わりでコウイチ君と同居です。料理は何とか2人で作れているとの事。年齢はかなり離れている2人ですが、よく居間で話し込む事もあるそうです。2人でマトアムハミースへ行った写真を送ってくださいました。

Exif_JPEG_420

ナブルスからの第一声

1月長期コースから参加のサイーダさんから早速、現地の様子を伝えるメールを頂戴しました。少しだけ編集して紹介させていただきます。

現地生活の拠点、自宅のアパートの様子はこんな感じ

「このアパートに住んでいるナジャーハの学生さんはとても親切で、友達をたくさん連れて私を紹介してくれたり、ブレスレットやスカーフもプレゼントしてくれました。夜には、もう1人のお友達とダンスをしたり、朝食も作ってくれたりしました。本当に優しいです。」
頂いたスカーフとブレスレット(スタッフ注:スカーフには人物がプリントされていますが、ちょっと不安なのでわからなくしちゃいます。)

あと、実は旧校舎に通う友達の女の子が1人いるのですが、一昨日現地スタッフのナビールさんと会ったあとに、その子と会ってきました。英文学を選択している子なのですが、友達の誘いで、飛び入りでその授業に参加する事になりました。
まさか、突然に授業に参加する事になるとは思っていなかったのですが、友達が先生に「アラビア語クラスの生徒です」と紹介してくれて、授業に出てしまいました。
その日は、アラビア語の物語を英語に変えるという内容で、当然私は全く分かりませんでしたが、貴重な体験が出来ました。
その後、家に招待されて、パレスチナの家庭料理を頂いてきました。
旧校舎からバスで1時間くらいの山の上の方にあるお宅でした。
思ったよりも遠い家で、家族の皆さんがベットも用意してくれていたので、思いがけずにホームステイを体験する事が出来ました。(スタッフ注:画像は友人宅でいただいた食事でしょうか。)

 

今週の土曜日に近所の結婚式があるらしく、今日また家に戻ってこいと言ってくれているので、友達の授業が午後に終わった後に行ってきます。
インターネットが使えないお宅なので、戻ってきたときにまたご連絡しますね。

~またのご報告お待ちしております。「Arabic Council スタッフ一同)~

 

 

ナジャーハ大学で日本語プログラム

ナジャーハ大学のLanguage Resource Center とプログラム参加者のヒロミさんのFacebookに大学で開講されている日本語プログラムの様子を撮影した写真を投稿されました。
多くの現地の方が日本語に関心を持たれているのですね。
当社のFacebookでも投稿をシェアさせていただきました。
j-program1027

パレスチナ留学2か月目の報告

パレスチナ生活2か月を過ぎたプログラム参加者のコウイチ君からの投稿です。概ね原文のまま掲載させていただきます。
————————————————————-

こんにちは、ご無沙汰しております、留学中のコウイチです。
下宿先のネット環境が芳しくなく、ようやくの投稿となります。

留学開始から2ヶ月ほど経ちました。イェルサレムへ訪れて以来、週末にナーブルスが出る機会が増えましたので、それらの報告も兼ねてナーブルスよりお伝えします。

9月中頃には、結婚式に招待を受け、ナーブルスの西に位置するトゥールカレムという街を訪れました。ナーブルスより訪問者に慣れていない土地でしたので、私のような日本人は大変目立ちました。結婚式では新郎が招待客や親族を率いて、馬に乗って屋外宴会場まで向かいます。後列は女性が、左右は男性が手拍子や囃子を行いながらゆっくりと移動します。前方には爆音のスピーカーが積まれた軽トラが徐行して、歌手のおじさん達が即興の祝い唄を歌い、その場を盛り上げていました。宴会は男性陣が屋外で、女性陣は屋内で行います。野外宴会場ではコンサートのような舞台が組まれ、歌手の男性がこれまた爆音のスピーカーを使って熱唱していました。

その1週間後、現在パレスチナ行政の中枢となっているラマッラーという都市を訪れました。日本の代表部もラマッラーに置かれています。故アラファト議長の廟があり、またパレスチナ各都市へと向かうハブでもあるため、私が街をぶらぶらと歩いている間も旅行者を数組見かけました。しかし東アジアの旅行者は少ないのか、私のような日本人は大変目立ちました。話しかけてくる人も少ないため、歩きやすい街と言えますが、それほど見るところはないように思います。大きい本屋が近くにあったので、また寄ることもあるかと思われます。

さらに2週間後、ナーブルスの北にある町、ジェニンを訪れました。北部を代表する町ですが、ナーブルスに比べても遥かに小規模で、のんびりとした雰囲気でした。中心街は1時間ほど彷徨っていれば大方楽しめるコンパクトな作りでした。ナーブルスよりも観光客に慣れておらず、私のような日本人は大変目立ちました。カメラを購入した直後に歩き回ったので、浮かれて写真をたくさん撮りました。カメラをぶら下げて歩いていると、「俺を撮ってくれ」と少年のみならずおじさんまで声をかけてくれます。ナーブルスからジェニンはセルヴィスで15NIS。道中イスラエルの管理する地区に進入することもないので気持ちよく移動できます。

dscf1027 dscf1030

dscf1032 dscf1039

先日はナーブルスのゲリジム山の頂に住むサマリア人達の居住区に向かいました。良きサマリア人、グッドサマリタンとして有名で、現在も独自の典礼言語を持つ人々です。先日はサマリア人たちのイードということもあって、住人たちは自宅のリビングルームの天井に果物を彩り豊かに吊るしていました。今度訪れたときは、遺跡や博物館をじっくりと見て回ろうと思っています。

dscf1110 dscf1087

dscf1084 dscf1097

来週には再びイェルサレムへ行こうかと計画しています。

ナーブルスでの生活は、インターネットを除いては大方問題なく行えています。料理のバリエーションも多少増えて、じゃがいもを用いた炒め物やペペロンチーノを作れるようになりました。インターネットは問題が頻発していますが、その度にナジャーハ大学に通う大家の息子さんに助けてもらっています。

現地の治安については、下宿先周辺に関しては、一度も不安を感じたことはありません。特に問題ないかと思います。時々、面倒な若者が物珍しげに絡んできますが、何かを盗られる恐れがあるようなケースはありません。

大学での授業について、若干スピードアップしながらも特に変わりなく進んでいます。アーンミーヤに四苦八苦しておりますが、なんとか付いていけていると思います(付いていけていると思い込んでいるだけかもしれませんが)。予習や復習、課題などをこなしていると、1日2コマの授業でも自宅での学習量は多いと思います。今週はテストの1週間で、会話文法、講読、方言の3つに関する考査が隔日で実施されました。

以上です。まだまだ書き足りないのですが、煩雑になるといけないのでこのくらいで筆を置きます。

————————————————————-
アラビア語の学習の合間を見つけて周辺都市の視察など、なかなか充実した留学生活の様子がうかがえます。
安全と健康に留意され、留学生活をお過ごしください。(中東Linkスタッフ一同)

授業開始から1ヶ月

9月からのプログラム参加者のヒロミさんから、授業開始から1ヶ月目の近況報告が届きました。
今回は原文のまま投稿させていただきます

「授業の感想をお送りします。
授業が始まってから約1ヶ月が経ちました。イードで1週間の休みがあったので、厳密にはまだ3週間しか受けていませんが、充実しています。
授業は午前中の3時間のみですが、午後はイベントがあったり、予習や復習、宿題をやったり、ナジャーハの学生と話をしたりと意外と忙しいです。先生方は授業内で話すことを比較的重視しているので、日本でアラビア語を学んでいたときより話す機会が増えて楽しいです。3週間で耳も少しずつアラビア語にだいぶ慣れてきた気がします。
またこの景色(写真)の中で毎日勉強できることも幸せですね。
またご連絡いたします。 」
img_20160904_120219

写真添付でこのような投稿をいただいたヒロミさんですが、今週末はエルサレムとベツレヘムで過ごすそうです。本当にパレスチナでの生活を楽しんでらっしゃるようですね。「この7ヶ月は本当に特別な時間になると思います。もっと長くいられたらな、とも思っています。」とも書かれていました。

3週間目のナブルス

9月からのプログラム参加者のコウイチ君から、ナブルス滞在3週間目の近況報告が届きました。
盛りだくさんの内容でしたのでArabic Councilスタッフのの方で少し編集させていただき投稿致します。

8/23に日本を出発して3週間が経ちました。ナブルスでの生活の感触や現地の様子について僕が感じたところを纏めてみました。
まずは生活面ですが、今のところ大きな問題はありません。ただインターネットの接続が芳しくないようで、一度大家さんに対処してもらうことがありました。水回りも特に問題はありません。
シャワーの水圧は弱いですが、穴を塞げばもとに戻るように思います。
食事に関しては同居している先輩留学生のヤスヒロ君がしっかりしているお陰でたいへん助かっております。私もなんとかモロヘイヤスープを作れるようになりました。これからラインナップを増やしていく予定です。
lazezh_8b386a3c83
(モロヘイヤスープはイメージ画像です)

体調面では滞在の疲れが爆発したのか熱が上がってしまった時期があり、授業も2限は受けないで早退する日が一日ありました。現在は咳と鼻水が残る程度で快方に向かっています。現地スタッフのナビールさんにも逐一連絡を頂いて安心感もありました。

学校のクラス分けはヤスヒロ君、ヒロミさんと同じ中級クラスに所属しています。他のクラスメイトとしては、プレイスメントテストの時に一人だけカメラ目線だったスペイン人のエドゥアルドさんと、途中から参加しているフランス人のミシェルさん、そしてパレスチナ人とドミニカ人ハーフの女性の計6人で受講しています。
授業の難易度は「先生の話している内容は簡単、でも何言ってるか分からないことが多い」と表現するのが良いのでしょうか、リスニング力不足が浮き彫りになってます。ただ講読や文法に関しては既習部分が多く、今のところ困難はありません。慣れていない発信型の授業形態はとても疲れるので、今くらいの難易度が良いのかなとも感じています(コミュニケーションがそもそも得意ではない私にとってこの形式の授業は中々の試練です)

このような発信型の授業を自宅でどのように復習するべきかについては模索中ですが、今のところは日本での復習と同じ方法で行っています。

現地の事情については、正直まだ外出をするのが億劫で、学校と家の往復に終止しているため、ニュースで報道されている域を出るものは特にお伝えできません。巡礼明けイード(イードルアドハー)の間にイェルサレムに行こうと思案していますが、これを皮切りに色んなところを歩けるようになればと期待しています。

ひとまず、このような調子でナブルス滞在3週間目を暮らしております。現地スタッフのナビールさんやヤスヒロ君・ホナミさん・ヒロミさんには助けてもらっています。何かありましたらまたお知らせいたします。
najaha%e9%81%a0%e8%b6%b3201609
(写真は大学の遠足でヘブロン・ベツレヘムに行った際のもの)